第3回 #スマホなしでオタク待ち合わせ の参戦レポ

なにそれ

ちょっとだけ説明するよ

オタクの常識を確かめろ!第三回 #スマホなしでオタク待ち合わせ というイベントに参加してきました。

基本的には「ダウンタウンガキの使いやあらへんで」の番組内にある「スマホなしで待ち合わせ」という企画をパクった企画です。

※本家では当然有名芸能人がタクシーを使ってガチでスマホを持たずに移動しますが当然我々のようなただのオタクには無理なのでそこら辺は皆の良心のおかげでゲームが成り立っています(オタク特有の早口)

twipla.jp

詳細な企画趣旨やルールは上のTwiPlaに書いてあるので省略しますが、簡単にルールを説明すると

  • AとBの2チーム(+ジョーカー)に分かれて行動する
  • 行動可能範囲は 東京フリーきっぷ のエリア内に限定
  • GMから出題されるお題に沿った場所に向かう
  • 同チームのメンバーに現地で会えたら合流できる
  • 先にチームメンバーの全員と合流できたチームが勝利
  • ただしジョーカーと合流してしまうと解散させられる

大体こんな感じです。

 

具体例で説明するのが一番分かりやすい

例えば、お題が「神社」だった場合、各々が(神社と言えばここが有名かな……?)と想像しつつ(あんまり有名すぎるとジョーカーが来ちゃうかも……)という考慮もしながら移動をします。チームメンバーと合流できると複数人で話し合えるため、その分選択肢も選びやすくなる反面、ジョーカーと出会った際のリスクが大きくなります。

この「神社」というお題は、第1回の6問目に実際に出題されたお題です。その際に各メンバーが選んだ場所は

という感じで、この時は5問目時点ですでに複数のメンバーが合流していたためキレイに3つに分かれましたが、ジョーカーと鉢合わせしてしまった靖国神社のBチーム4人はここで解散させられ、大チャンスから大ピンチに急転直下してしまいました。

他にも「東京大神宮」や「愛宕神社」といった選択肢もありますし、何よりイベントのサブタイトルに「オタクの常識を確かめろ!」とあるので、「神田明神」なんかもアリでしたね。

 

前置きが長くなりましたが

大体のルールが説明できたところで、ここからは今回(第3回)の様子を私(Aチーム)視点から振り返りたいと思います。ちなみに私は今回が初参加、しかも前々日の朝にきゅーせんから「来てほしい」と言われたので、過酷なスケジュールの合間を縫って急遽過去回を復習し、当日に備えました。

一応事前に断っておくと、ゲームの性質上身内のオタクの名前がちょくちょく出てきますが、まあ「このオタクはここ選びそう」みたいな感じでその人の思考を読むゲームでもあるので、そこら辺は身内ネタ満載になっちゃうのをご容赦ください。

 

参戦レポート

⓪ゲーム開始前

大記録になるわけではないが、コンスタントに非常識な暑さを3日連続で記録していた首都圏各地。色々と訳あってこの三連休は何も予定を入れていなかったのですが、かくかくしかじかありましてあっという間に予定が埋まりまくり。

前々々日はリアル誕生日を祝ってもらい、前々日はウマ娘のオタクを見送るオタク、前日は鶴見線東京競馬場オフ会からのベルーナドームで野球観戦という大変過酷なスケジュールをこなしており、イベント当日(2023/07/17)も朝からぶっちぎりの暑さだったため「マジでぶっ倒れて主催に迷惑掛けるのだけはやめよう」と心に誓いながら、集合場所の「東京駅 動輪の広場」へ。

これは完全にネタなんですが、まあちょっとだけ話題提供できたみたいなのでわざわざ持ってきて良かった。

 

いつも通りオタク全員が集合時間までに集まれるわけもなく、遅刻勢は数人居たものの流石主催、そこら辺も織り込み済み。ルールの再確認や、連絡手段の確認、暑さ対策の注意喚起などを済ませつつ、9:40に1つ目のお題が伝えられるとともに、ゲームスタート。

 

①お題「聖地」

1つ目からオタクを唸らせるようなお題。聖地。いや聖地って言われても…… 多すぎん……?初参加1発目のお題だったのでやや困惑しつつも、私の脳内では5~6個の候補があり、全て山手線沿線だったので、まずは丸ノ内地下中央改札から入場して1人で悩むことに。

選択肢としては「のぞき坂(冴えカノ、天気の子)」「須賀神社男坂(君の名は)」の2つがパッと出てきたものの、正式名称が分からず当然ググるのは御法度なので諦めざるを得なかった。反省。雑魚オタクすぎる。あとは鉄道関連の聖地もいくつか考えたけどコレと言った場所が出てこなかったので考慮外に。んで、仕方なく「秋葉原ラジオ会館(シュタゲ)」「秋葉原UDX(多すぎて省略)」「神田明神男坂ラブライブ)」という個人的秋葉原三銃士の中からコレだ!と思うものを心に決めてから山手線に乗車。

10時前ということもあり、開店準備を始める秋葉原電気街の店々を抜けて、私が最初に向かったのはここ!

らき☆すた」や「涼宮ハルヒの憂鬱」がキッカケで起こった00年代の聖地巡礼ブームに憧れたオタクなら、聖地と聞いてここは知らないはずがないでしょう。あとは、初参加の1つ目のお題なので、変にスカすよりも確固たる意思を持っていれば大丈夫だ、と自分に言い聞かせて待機。しっかし暑い。

そして全員が合流したところで結果発表!Aチームが「日本武道館」と「のぞき坂」で合流する好プレーからスタート。しかも問題児しずなみをますお氏が拾うといういい流れ。私は別チームのあまどく君と被るも別チームのため合流できず。他にも「電気街口」や「中央通り」といった秋葉原組が多かったので、自分のセンスはズレてはないかなと自己認識しつつ、もっと知識を付けてれば合流できたなあという反省。

あまどく君と名刺交換しつつ証拠の記念撮影をして、主催から次のお題発表を待つ。連絡用Discordで主催からの2つ目のお題を2人で聞いてから解散。

 

②ホテル

これは本家ガキ使の第3回2つ目のお題と全く同じなので事前履修済み。ということで、本家で選ばれた「グランドハイアット東京」や「赤坂陽光ホテル」はあえて除外。となると、シンプルに有名な「帝国ホテル」辺りかあ?と思いつつも、実は「もしお題で『ホテル』が来たら絶対ココにする」と決めていた場所があったので、シンキングタイム10秒で次の目的地へ移動。

つか暑すぎる。何も考えずにちんたら歩くと無限に体力が吸われるので本当に危険。神田明神からアクセスしやすい新御茶ノ水駅から千代田線で日比谷駅、地下通路を歩いて有楽町駅から品川駅。フリーきっぷだからケチらず、外の熱気を浴びないルートで移動。ということで、私が次に向かったのはここ!

コミケ西武鉄道をテーマに同人誌をするくらいなので、もうこれは私の思想がモロに出てます。じゃなきゃこんな過酷なイベントの前日にわざわざ西武ドームまで野球観戦しないんだよなあ。都内最大のホテルは「品川プリンスホテル」じゃ。これは紛れもない事実。会長万歳!会長万歳!

気になる結果ですが、まさかの「ホテルニューオータニ」を選んだAチームが早速ジョーカーによって解散させられ、その反面「帝国ホテル」を選んだAチーム2人とBチーム4人がそれぞれ合流。

完全にしくった……?と思ってたが、きゅーせん&電車マンペアがまさかの「グランドプリンスホテル高輪」をチョイスしてニアミス。いや、ドラフト会議するのは「グランドプリンスホテル高輪」じゃなくて「グランドプリンスホテル"新"高輪」だぞ、そういうところがツメが甘いんだよ、と思いつつ、品プリ地下のボウリング場で涼みながら気持ちを次のお題に切り替える。

 

③漢数字のつく駅名

このお題は路線図や運賃表などの駅名一覧をなるべく見ずに考えてから、ということだったのでやや長考。

まずはお題に沿った駅を片っ端から挙げる作業。頭に漢数字が付いた「一之江」「二重橋前」「三ノ輪」「四ツ谷」「五反田」「六本木」「八丁堀」「九段下」「十条」辺りはまず出てくるだろう。しかし、このゲームはそういうことでは無いのだ。「オタクの常識」が問われているのだ。どうせオタク(しかも交通系に強いヤツら)のことだから数字がでかければ強いとか言いだして「千川」とか「(旧)万世橋」とか「京橋」を出すんでしょはいはい。

しかも、事前に主催から「このお題のあとにランチタイムを設ける」という旨が知らされていたので、どこで飯を食うかが決まるという点も考慮に入れる必要がある。このお題なら、今度こそきゅーせんと波長が合うだろうと思い移動開始。そして選んだのがこれ。

一緒に法政大前二郎の麺を啜った友でもあり、元々関西民だから、きゅーせんならこのネタを擦ってくれるだろう、と思ってのチョイス。いや、この炎天下で本当に三田二郎に行くのか?正気か?……と三田駅のベンチで座りながら考えてたら、もしや大田区住みのアイツのことだからランチに詳しい五反田へ行く可能性が脳内で急浮上。

結果はお察しの通り。三田を回避したAチームが五反田で無事合流。これに関してはもう単なる私の悪手としか言いようが無い。ていうか、あとから気が付いたけど三田二郎は祝日閉店なのよ。いやー、自分がBチームならハロプロオタクの心を読んで絶対に都営大江戸線六本木駅で合流できてたんだが。フラグまで立ててたし。

とりあえずぼっち飯は回避したので、今回のジョーカーのめとれい氏と合流して三田製麺所へ。ササッと飯を済ませて、そのあとエクセルシオールで茶をしばく。

モバブ談義(?)に花を咲かせていたらあっという間にランチタイム終了。束の間の休息が終わり、ここから午後の後半戦に突入。次のお題の発表を2人で聞く。

 

④教科書に出てくるもの

来ました、午後イチの鬼畜お題。前回の午後イチのお題は「甘味処」というオタクにはつかみ所の無いテーマでしたが、今回はガチガチに教養が問われるお題。ちなみに、お題発表時にいくつか質問があり、そこでお題の定義を確認したところ「教科や学科は関係無い」「教科書は小中高大全てが対象」とのことで、もうこれ分かんねえな。

めとれい氏と2人でしばらくエクセルシオールで唸りながらも、私は1つ「ジョーカーを避けつつ誰かと合流するにはもうここしか無い」という場所を思いついたので移動を提案し、向こうも決心したようでそれを承諾。とりあえず一緒に店を出る。

さて、まずは田町駅へ向かうか三田駅へ向かうか。ドキドキしつつも、2人とも三田駅のA3出口へ足を進める。当然お互い一度決めたアンサーは脳内で決まっているので、仮にジョーカーと同じ方向だったとしても行き先は変えたらギルティ。これはもう企画を全力で楽しむための漢の約束だ。それ以外の何物でもない。

一番近い浅草線の改札もお互いスルーし、連絡通路を抜けて三田線改札から入場、その後二層構造になっている三田線ホームだが、ここでもまたB2Fの目黒方面ではなくB3Fの西高島平方面へと向かい、同じ電車に乗車。いやはや、ジョーカーと全く同じ足取りなのは心臓に良くないし、たった15分の時間が1時間くらいに感じられた。しかし、私は日比谷で降りたもののめとれい氏はそのまま乗車。あぶねー。

三田線日比谷駅からかなり近い有楽町線有楽町駅の改札をくぐり、1人目的地へ到着。が、誰もいない。嫌な予感。そんなに大きい駅じゃないから現地へ行く前に合流するはずなんだが……?というわけで、私が選んだのはここ。

第1回5つ目で解散からの即再合流を果たした奇跡の地、桜田門。大本命が「国会議事堂」なのは分かっていたので、ジョーカーを上手く撒きつつ、お題に囚われず過去回のメタ読みも考慮して、1人でも多く合流するにはここだろ!という選択。

結果はBチーム2人と出会うのみで誰とも合流できず。この難しいお題に対して、Aチーム4人は大穴である「紀尾井坂(紀尾井坂の変)」で徹底的なジョーカー避けムーブ。そして問題児しずなみは「東京駅(原敬濱口雄幸の暗殺現場)」へ。センスが無さ過ぎて絶望。灼熱の桜田門外でBチームのやよ&オルソンペアと一緒に次のお題を聞く。

 

⑤劇場

うーわ、全然分かんねえ。劇場?普段全く行かないんじゃ……。こういうときぼっちだとツラいんだよ。分からなさすぎて、辺りを見回して「劇場」らしき建物や文字が無いか確認する始末。とそこに、あった!「帝国劇場」の文字が!

建物も何も無い皇居外苑を10分歩く。時刻は15時、強烈な日差しとアスファルトの照り返し、地獄のような38℃の外気温と大通りの車からの排熱に脳がぐにゃぐにゃ。上半身全裸のガンギマリ兄ちゃんがチャリを漕ぎながら「ゔわ゙~!暑゙い゙ん゙じゃ゙あ゙~!」って叫んでて怖くなったけど、あれは幻影だった……?

目的地に着く前に、もう歩くのが精一杯のおじいちゃんがフラフラになりながら「コンビニで…飲み物が飲みたい…」と私に声を掛けてきたので「いやあ、私も水分補給を忘れてました」と一緒に話しながらイートインスペースのあるコンビニへ。都内の救急車台数や受け入れ病院も限られているので、こういう小さな救助は大事。というわけで、途中 𝙏𝙊𝙆𝙔𝙊 𝙈𝙀𝙇𝙏𝘿𝙊𝙒𝙉 の片鱗を見つつ帝国劇場へ。

が、出会ってしまった、再びジョーカーに。いや、めとれい氏強すぎでは?午前中も悪くないチョイス、そして午後に入ってから迎賓館でスカしムーブをチラ見せしてからの順張りの帝国劇場にキッチリ来るこの感じ。怖すぎる。とりあえず外は暑すぎるので、三田線改札内の休憩スポットへ。ここで主催から結果発表と次のお題を聞く。

さっき桜田門で出会ったばかりのBチームとまさかの再合流、そして爆散!Aチーム4人はジョーカー避けをした穴の「歌舞伎座」で1人回収という好ムーブ!よくよく考えたら、帝国劇場で今やってる「ムーラン・ルージュ」にこの前卒業した加賀楓が出演してるから、まあハロプロ勢のムーブとしては間違ってないんだが……。そういうゲームじゃねえから……。ただ、そういう意味では逆の逆の逆の逆張りオタクをして、秋葉原AKB48劇場へ行かなくて良かった。プライドは守ったぞ。

ジョーカーを連れて、Bチームのやよ&オルソンペアと帝国劇場前で合流。向こうからしたら「要らんヤツしか来ねえ」って気持ちだよね。そりゃそうだ。Aチームはジョーカー回避して1人回収、ジョーカーはペア解散成功、Bチームは踏んだり蹴ったり。個人的にはこのお題は鼻から捨てていたので、目の前で解散させられる図を眺められただけで儲けもんかも。

そして、次のお題に運命を賭けることにした。結果的にここが勝負の分かれ目となった。

 

⑥大学(キャンパスまで指定)

出ました!候補がたくさんありそうで、本命と対抗、穴、大穴の4つくらいに絞られるという、今まで出てそうで出てなかった良問。

ちなみに、あとから補足されたがキャンパスまで指定する必要があるということで、当然ニアミスも許されない。Aは5人固まっていて、残りは私としずなみを回収するのみ。ここで私が気をつけなければならないのは

  1. 最低限Aチーム5人かしずなみのどちらかと合流すること
  2. ただしジョーカーと出会わないこと

の2点だった。合流できてもジョーカーと出会えば爆散、だがしずなみと合流するのは至難の業、なので、ワンチャンBチームにジョーカーが当たるのを願って穴を狙いに行くか!?と思ったが、このお題で穴は有りすぎるのよ。東大、早慶、SMART、それ以外にももうめちゃくちゃあるけど、6つ目のムーブとしては難しい。うーん、これは悩む。ということで、消去法で行く。

まず、東京大学は本命過ぎて除外した。第1回で散々な目にあってきたあの地で同じムーブは無いだろう。次に理科大だが、まあきゅーせんが色々配慮して外してくれるだろう。青山学院と上智は選ぶ理由が見つからず。ということで、残ったのは早稲田、慶応、明治、立教。

早稲田は第2回1つ目のお題「小さい駅」に対する「都電荒川線 早稲田電停」へのメタ読みがある。慶応はまあ三田キャンパス一択でしょ。明治は暑さ故に駿河台のクソデカタワーに集まりたい可能性が捨てきれない。立教は……。ん?立教?しずなみ?オタク?

 

立  教  大  学

 

ということで、おそらく本命の東大本郷に唯一対抗できるであろう「立教大学 池袋キャンパス」を選択。もちろん、池袋から移動しないCチームことあまどくしずなみペアに照準を合わせて、ジョーカーが立教に来る可能性は考えていた。だが、ジョーカーであるめとれい氏と2回会って薄々感じていた。そう、彼はそこまで淫夢厨では無い!(多方面にめちゃくちゃ失礼な発言)

私の贔屓球団である日ハム、そこに在籍経験もあり全ての元凶であるTDNを生み出した元凶、そしてしずなみ。これらの要素はAチームの5人も分かっているはずだ。これはもう立教で優勝するしかない。リターンにはリスクがつきもの。ということで私の選択はこれ!

結果!!!Aチーム5人が見事爆散!!!

そして何故かここで初めてAチームのメンバーと合流に成功。あーあ、もうめちゃくちゃだよ。どうすんのよこれ。ていうかなんで別チームのあまどくとしずなみがイチャイチャしてんの?ここで諦めかけていたが、最後のお題があるので一応作戦会議。

 

⑦スポーツ関連施設

最後は比較的選べる候補の少ないお題。しずなみが「ここまで来たら葛西臨海公園(カヌー・スラロームセンター)もある」って言ってて血の気が引いた。やっぱり野放しにしてはならない(戒め)

このAチームのバラバラな感じから何とか集合しつつ、Bは集まる可能性がまだ残っているので対抗を避ける。対抗……。都市対抗……!「スポーツ関連施設」って言ってる以上、オリンピック関連の施設は総狙い撃ちにされるし、神宮は"本命"ではないな、という雰囲気から、選択肢は一つに絞られた。

というわけで、私たちが選択したのはここ!

JR四国タイブレークを制した話が漏れ伝わってきており、個人的にはもうココしか無いな、という気持ちだった。が、Aチームの解散した5人はそうでもなかったらしい。

いや、解散させられてなかったか、昨シーズンだったら神宮行ってたけど……。今年のヤクルトひえっひえやぞ。あと、アンチ巨人オタクの考慮はしなかった。いや、今日の東京ドームは都市対抗真っ只中なので。

 

その他

あとは打ち上げの話とか、今回の個人的な総括とか、IF世界線の話とか色々したいんですが、まず主催の高知まい氏に感謝。本家のパクリ、としつつも、本家とはまた全然違った面白さがあって非常に楽しかったです。本当にありがとうございました!

 

あとは、参加するときの必需品。

  • モバイルバッテリー
  • ノイキャンイヤホン
  • 歩きやすい靴

ここら辺はもうわざわざ私が解説するのもおこがましいくらい皆慣れているとは思うけれど、今回実際に参加してみた上で個人的なオススメがあるので、また暇なときに書きたいと思います。

 

それでは、また!