Nostrと出会って丸一年が経ちました

早いもので1年経ちました

2023年2月6日。iOSのNostrクライアント「Damus」の紹介記事がふと目にとまり、適当に生成したキーペアを使い続けて早一年。

https://njump.me/note1l6jx43vt5cqjtyk2g83dggpycsze7v6cafyu99neeta7evg3k0sqgdjst6

(もしかしたらNostr Gatewayで見た方がわかりやすいかも)

何をもって丸一年とするのか?それは本当なのか?を見分けるのが簡単なようで難しいこの 𝑫𝒐𝒏’𝒕 𝒕𝒓𝒖𝒔𝒕. 𝑽𝒆𝒓𝒊𝒇𝒚. の世界、上のkind1のcreated_atだけでは少し根拠が弱いのですが、MisskeyでもNostrに関する言及をしてるのでとりあえず信じてください。

misskey.nokotaro.com

 

ちなみにのこたろリレーは明日で1周年

始めた翌日にリレーサーバーを建てたの、時々「正気か?」って思われたりするんですが、割と「無責任な分散だな~」ってのは早い段階で察していたので、ノリと勢いで建てておいて飽きたらすぐに爆破しようと思っていました。

ところがどっこい、気づけばもう丸一年運用してるんですね。恐ろしい。まあMisskey自鯖も気付いたら運用開始から5年経ってたんで、結構時間ってあっという間に過ぎるものだなと。

リレーサーバーの話については話が長くなりそうなので割愛。

 

本当はこの1年を振り返るつもりだった

仕事を早めに片付けて、晩ご飯もちゃんと作って、よし記事書くぞ!と思っていたのに、YouTube観だしたら時間がワープしてました。すみません。オフ会やらNostrasiaやらその他色んな出来事がありましたが、ちゃんとした記事はまた今度書きます。

 

短いけれどとりあえず今日はここまで。

ハンドルネームの謎!私のHNについてちょっと語らせて!

ハンドルネームについて語らせてくれ

どうもどうも。はじめましての方ははじめまして、いつもお世話になってる方はおはコロこんちんパ(突然のオモコロ仕草)

竹田 鋸太郎(たけだ のこたろう)と申します。

何で急にちゃんと名乗ったかって?まあタイトルの通りですが、今日は私のハンドルネームについて、なんでこんなことになったのか改めて解説しておこうかなと思いまして。

確かに少し本名っぽいよね

というのも、ここ最近FediverseやらNostrやらBlueskyやらではじめましての方と出会う場面が多く、初対面の方にこのハンドルネームを名乗るとこう返されることが数回あったんですよ。

「えっ?のこたろう?本名ですか?」

んなわけあるかい!ってツッコみたいんですが、キラキラネームもはびこるこの時代、本名じゃないと決めつけられないのも仕方ないなあと。ということでちょっぴり本名みたいな雰囲気ですがハンドルネームです。今の時代に「鋸太郎」は流石にキラキラ、いやヨボヨボネーム(?)すぎますね。

さて、このハンドルネーム、2012年1月22日に親しいフォロワーに命名されたのをきっかけに少しずつ使用し始めたのですが、それ以前は takenoko というハンドルネームを使用していました。

そこで今日は自分自身の備忘録も兼ねて、このハンドルネームの由来と経緯をまとめておきます。1000%自分語りですが、良ければ是非お付き合いください。

ハンドルネームの由来と変遷

時系列で見るハンドルネーム変遷

2005年頃:たけのこ(表記は全てひらがな)

小学生の頃に「たけのこ」というあだ名を友達に付けられたことから、インターネット上でのハンドルネームも安直に「たけのこ」を使用していた

2010年頃:takenoko(表記は全て小文字アルファベット)

「たけのこ」というハンドルネームを使用しているユーザーがすでに多数存在していることを、SNSや動画サイトなどを通して何となく察したため、平仮名ではなくアルファベット表記の「takenoko」を正式なハンドルネームとして使用しはじめる

2012年1月22日:のこたろう 爆誕

Twitter(現:X)で #イメージで下の名前当てて下さい というハッシュタグを身内で投稿しあうという局所的なブームに便乗したところ、仲の良いフォロワーから「のこたろう」とリプライが来る(元ネタはおそらくペーパーマリオRPGに登場するキャラクターから)

2012年1月下旬:竹田 鋸太郎(姓名の概念が生まれる)

そこからさらに「名字が"竹"田で名前が"鋸"太郎だから、略して"たけのこ"である」と話が発展し、バクロニム(逆頭字語)に近いノリで「竹田 鋸太郎(たけだのこたろう)」という新しいハンドルネームが生まれる

ja.wikipedia.org

2015年8月:竹田 鋸太郎 (takenoko)(2つのHNを併記する)

元のハンドルネームである「takenoko」を使用し続けていたが、コミックマーケット88にて「竹田出版」というサークル名で参加し、2つのハンドルネームを併記した「竹田 鋸太郎(takenoko)」という表記を使用しだす

2016年12月:竹田 鋸太郎(正式なHNの統一)

同人誌即売会やオフラインイベント向けの名刺を、併記無しの「竹田鋸太郎」という表記に統一したことで、事実上正式なハンドルネームが変更される(ただし、SNSのIDやメールアドレスなど、英数字しか使用できない場合には「takenoko」もしくは「nokotaro」という表記も使用する)

……とまあ、こんな感じで「たけのこ」→「takenoko」→「竹田 鋸太郎(takenoko)」→「竹田 鋸太郎」と徐々に移行してきました。

最近では、鋸太郎という名前をさらに崩して「のこたろう」とか「のこたろ」とか、さらにその響きから「ノコタロサァン(とっとこハム太郎に出てくるこうしくんがハム太郎を呼ぶときの口調で)」と呼ばれることも多いですね。

で、結局何て呼べばいいの?

今の正式なハンドルネームは「竹田 鋸太郎」ですので、フルで「竹田 鋸太郎」と呼んでもらっても構わないですし、名字だけの「竹田」や、名前だけの「鋸太郎」でもOKです。

また、名字の「竹田」で呼ぶとやや堅苦しいイメージがあり、さらに文脈次第では一意にならないこともある上に、名前の「鋸太郎」もやや堅いイメージがあるからか、やっぱりひらがなで「のこたろ」と呼ばれることが圧倒的に多いです。

だけど「呼び捨てにしたくない!」という反応から生まれたのが「ノコタロサァン」なわけですね。ちょっと考えすぎたのだ。ヘケッ。

とはいえ、こないだの冬コミで強く実感したのですが、2017年より前から交流のある方(というか2017年以降もIDは引き続き「takenoko」を使用することが多いので正直あんまり関係無いけれど)の大多数からは、今でも「たけのこ」と呼ばれることが多かったりします。

ただし、2010年の時点ですでに「たけのこ」というハンドルネームを使っているユーザーが少なくとも10名近く居た(もちろんあくまで独自調査)ことから、もともと一意性が低く、リプライ無しで私のことを指す際にはあまりオススメできないかもしれませんね。

そんなわけで私のハンドルネームの由来とその変遷、そして今の呼ばれ方などについてちょっとまとめてみました。ちょっとした自分語りおーしまい。

Nostrリレーサーバー支援の中間報告

中間報告について

支援をお願いしてから4日ほど経過しました。この記事は下の記事の続きになりますので、すでにみなさん読んでいる想定で書きます。

nokotaro.hatenablog.com

さて、支援の予告や実際のお願い、また「寄付したよ!」というメンションに対しての反応や、頂いた支援件数や今後の予定など、Nostr上で散発的に投稿していました。そのため、情報がどこにもまとまっておらず、自分自身でもどこまで決めてどこまで話してどこまで動いているのか、正直あやふやになっています。

そこでこの記事では、支援の中間報告として、

  • 現在の支援状況
  • 寄付の受付締切
  • 支援金の具体的な使い道
  • リターンの概要とスケジュール
  • 寄付手段について
  • Lightning Networkによる寄付
  • イベントへの参加や登壇について

この7項目について、それぞれ現在の状況を報告致します。いつものクセで記事が長くなりがちなので、今回は読みやすいようになるべく簡潔にまとめるつもりです。

ちなみに、前回の寄付のお願いの記事と、今回の記事を読んだうえで「私も寄付したい!」という方がいらっしゃいましたら、最後の方にまとめておきますので、是非ともご検討のほどよろしくお願いします。

続きを読む

のすかい本ゲットしてきたぜ!

技術書典15に行ってきたよ!

家から会場が近いということもあり、技術書典15のオフライン開催に行ってきました。前回と同様、四谷ラボが日本コミュニティの代表的な存在として参加しており、サークル出展して書籍を頒布していました。

今回の新刊である「Hello Nostr! Yo Bluesky! 分散SNSの最前線」は前回と異なり、NostrだけでなくBlueskyについての内容も加わり、さらにマンガやイラストといった要素がさらに増えて、盛り沢山の内容で読み応えがあります。まだザーッと目を通しただけなので、これからじっくり読みたいと思います。

https://drive.misskey.nokotaro.com/files/4fd98f38-127d-4d61-8f7d-701f6d397f04.jpeg

techbookfest.org

ちなみに、技術書典自体は11/26までオンライン開催しているので、これを見て気になった方はオンラインから電子版を購入してすぐに読むことができます。

分散SNSに興味のある方はもちろんですが、ポートフォリオや技術課題などで、何か作ったり調べたりする必要があるけれど、何にするかまだ迷ってるという方にもオススメです。どうせ取り組むなら楽しく取り組みたいですよね、NostrもBlueskyも開発コミュニティが活発なので、いろんなエンジニアと喋りながら成果も出せて一石二鳥になること間違いなしです。

前回の技術書典ではもっとたくさんの書籍やグッズを買ったのですが、今回はそこまで軍資金を用意していなかったのでパッと行ってパッと帰ってきました。本の入手はもちろん大事ですが、現地でNostrやBlueskyユーザーと交流できたのでよし!

ついでに告知

今回の書籍発売を記念したイベントが12/8に開催されます!「新時代の分散型SNS勉強会」というタイトルですが、実際にはもくもく勉強するというよりもワイガヤな雰囲気になると思います!

428lab.connpass.com

そしてこのイベント、もちろん私も参加予定なのですが、登壇枠が空いていたらですがもしかしたらスピーカーとして何か発表するかもしれません。 →主催者からも了承を得られたので発表する方向で確定です!

幸いにも私はBlueskyとNostr両方の利用&サーバー運用経験がありますし、何よりそれ以外の分散SNSの利用&サーバー運用経験もあるので、話すネタには困らなさそうです。

そんなわけで、今から話すネタをピックアップしつつ、1週間以内にはザックリとしたテーマ決めをしたいと思います。話してほしいネタがあればぜひ教えてください!

それではまた!

Nostrリレーサーバーのオンプレ移行に伴う支援のお願い

はじめに

Nostrユーザーの皆様、いつもお世話になっております。竹田です。

私の各種SNSアカウントをフォローしていただいている方、特に日本のNostrユーザーの方はご存じかと思いますが、2023年2月よりNostrのリレーサーバー wss://nostr-relay.nokotaro.com を運用しております。

タイトルにもある通り、Nostrリレーサーバーをオンプレミス環境に移行するにあたって、より高いスペックのサーバーが必要になったため、皆様からの支援をお願いしたくこの記事を書いております。

リレーサーバーの概要やこれまでの対応履歴は以下のScrapboxのページを読んでいただければ把握できるかと思いますが、一応あらためてこれまでを振り返ってみたいと思います。知ってる方は支援についての項目まで飛ばしてもらって構いません。

scrapbox.io

 

※2023年11月16日追記

中間報告の記事を書きました!寄付の進捗についてはこちらの記事をご覧ください!

nokotaro.hatenablog.com

 

  • はじめに
  • 運用したての頃の環境
  • 利用者数の拡大
  • yabu.meの登場
  • Twitterの混乱とコストの増大
  • 個人的な不調
  • そして現在
  • というわけで支援をお願いします
  • さいごに
続きを読む

Nostrasiaの感想を書きだしたら終わりが見えなくなってきたのであえて1000文字縛りにした

3日間お疲れ様でした

11/1〜3の3日間、渋谷で開催されたNostrのアンカンファレンス「Nostrasia」に参加してきました。といっても、私自身はスタッフでもなければ登壇者でもないので、スピーカーの発表をオフラインで聴講しつつ、他の参加者と交流できたらいいな、くらいの気持ちで参加してきました。

で、昨日今日と記事を書いていたのですが、タイトルにもある通りいざ書き出したら終わりが見えなくなるほど感想が長くなってしまったので、まずはあえてミニマムに1000文字縛りで記事を書いて公開することにしました。

この話長くなりそう?

すみません、言いたいことを簡潔にまとめるのが苦手でして……。

どうやってまとめようかなと直近のNostrの自分の投稿を見返していたら、3日目が終わって帰宅直後の自分が言いたいことを大体簡潔にまとめてくれていました。

とにかく「楽しかった!」の一言で済ませるにはもったいないくらい、素敵なイベントでした。これは間違いないです。ただ、長ったらしくしたら今度は逆に本当に伝えたいことが埋もれてしまいそれはそれでもったいないので、トピックごとに記事を小分けにして少しずつ公開したいなと考えています。

そんなこんなで迷っていたら、しのさんがいいアイデアを出してくださったので、この案をそのまま拝借します!

というわけで、Nostrasiaのメインステージの発表の要約や感想の記事をいくつかと、参加者や登壇者と話して感じたことや得られた知見や気付きに関する記事、あとは色々楽しかったことをただただ書くだけの記事、こんな感じで分けて書きたいと思います。

もう500字使っちゃった

1000文字縛り、地味に難しいですね。小学生の頃、原稿用紙5枚分書くのがあんなにしんどかったのに、今じゃ逆に収める方が難しいという……。

実はすでに15000文字くらいの下書きがあるので、さっきのアイデアを活かしてそれを公開できる最小の単位の記事に分割して、ちまちまと公開していきたいと思います。

ちなみにNostrasia1日目の出来事をMisskeyに投稿したら、思ったよりも反響があったので、とりあえずその投稿を貼っておきます。これだけでも十分面白いかも。

misskey.nokotaro.com

さいごに

本当は長文の締めの言葉にしようと思っていたのですが、まだまだ先が長くなりそうなので先に書いちゃいますね。

Nostrasiaのお陰でNostrがもっと好きになりました!そして3日間にお話してくださった全てのNostrasia参加者の皆さん、ありがとうございました!

続きはあとで💜

続きを読む

再就職に失敗しました

どうしたの

色んなところで進捗報告していたのでご存じの方もいるかもしれませんが、8月中旬からの2ヶ月間、正社員として再就職することを目指して就職活動をしていました。今年の5~7月は完全にニートと化していたので、流石に働かねばならぬと感じセルフ背水の陣を敷いて割と真面目(※個人比)に頑張ったつもりです。

たた、結論から申し上げますと記事タイトルの通り失敗、つまり今回は内定を貰えませんでした。

実際のところ10月中旬にはほぼ全ての企業から不通過の連絡が来ており、この時点ですでに今回の就活では内定が出ないだろうということはある程度覚悟していました。精神的にはとても辛かったのですが、へこみのピークから半月ほど経って何とかこの記事を書くまで快復しました。

というわけで、今回の就職活動を振り返りつつ、直近は何をしているか、そして今後どうするか、思うままに書き進めたいと思います。

まずはご心配をおかけしてすみません

ここ数週間、個人用のMisskeyサーバーが不安定で全然投稿が無かったり、Nostrも1ヶ月近く浮上しておらずリレーサーバーの不具合も放置したままで、その他ThreadsやBlueskyなど含めて何の事情の説明もないままSNSに浮上していませんでした。ご心配をおかけして申し訳ありません。何とか生きてます。

この記事にもある通り、思うように再就職できず落ち込んでいるというのはもちろん、必要最低限の生活をしていくための気力や財力が尽きかけていたり、今後どうすればよいかを家族や親友などに相談したりと、単純にインターネットで発信してる余裕が無かっただけです。

個人的にちょっとだけ成長した点は、これまでは大きな失敗や挫折を自分の中だけでとどめてネットにはあまり流さず、ちょっとの間SNSから距離を置いて苦しみを忘れたころにふらっと戻ってくることが多かったのですが、今回はちゃんと向き合ってあまり間を空けずに全部話そう、と思えたことです。成功も失敗も素直に語れる強い人間になりたいです。

今後どうするの

今から再び就職活動をするのは難しいので、まずはなんでもいいからハードルの低いお仕事を探そうと思います。バイトの延長線上みたいなお仕事だったら転がってるはずなので、しばらくはそれで耐え忍ぼうと思います。

今の自分はそもそも働くということに対する自信がゼロなので、少しずつ自信をつけて、いつかはまた元のレベルのお仕事ができるように一歩ずつ頑張ります。

とりあえず報告したいことは全部書ききったので、あとは今回の就職活動の反省とか、ついでに思い出したこととかダラダラ垂れ流しておきます。

続きを読む